芦北地方に伝わる漁師飯「えび飯」

熊本県芦北町に伝わる漁師飯「えび飯」をご存知ですか?

芦北町には、不知火海のシンボル海の貴婦人と呼ばれる「うたせ船」があります。明治の頃から芦北町に伝わる伝統漁法で、流れ船とも呼ばれています。

自然の力を利用し、海底に降ろした底引き網を、海風にまかせて帆船で引いていく「うたせ網漁」

採れるのは、主にアシアカエビ、カニ、シャコ等。中でも芦北町の名産は「アシアカエビ」なんです!

少しの風でも影響を受ける中、オンラインツアーたびくる初!「うたせ船」を実際に出航しました!

芦北名産「アシアカエビ」は、クルマエビに勝るとも劣らない味の良いエビですが、漁師の高齢化に伴い、約30隻あった「うたせ船」は、現在9隻になりました。漁獲量も減ったことにより、地元で「アシアカエビ」を食べる機会も減っていきました。

この漁師飯「えび飯」を後生まで残そうと、自宅でも簡単に食べれられるように「えび飯の素」を開発した、大正12年から続く「磯見海産」の4代目の洋一さんと一緒に「えび飯」の話と焼きえびの剥き方を洋一さんから教えて頂きました!

参加者の皆さんと一緒に「えび飯」いただきました!なんと言っても、この「えび飯」は焼きえびを使っているため、とても香りが良く、冷えても、とっても美味しいのです!参加者の皆さんの笑顔がいっぱい!この上に乗っている大きな「エビ」は、オンラインツアー用のスペシャル版!

一つ一つ手作業で愛情を込めて作られる「えび飯」皆様も是非、一度食べて見て下さいね。

うたせ船の港のすぐ横に、「アシアカエビ」の直売食堂その名も「えび庵」があります。

芦北のおいしいえびの”ひやがり”食べなっせ!

”ひやがり”というのは、熊本県南部の方言で「昼食」という意味です。

「芦北の漁師めし」をコンセプトに、えびに拘った料理を提供しています。

<